機能や使用方法が違う

もし、スマホが手放せないような人なら、転職アプリがとても使えるはずです。気になる料金も通信料だけです。求人情報を検索したり、気に入ったところに応募するまで、簡単操作で完了です。ハローワークに行ったり求人情報誌で探したりすることが「時間がもったいない!」 Continue reading “機能や使用方法が違う”

夏は灼熱、冬は極寒の部屋

“家をリフォームするときによく考えるべきだったことは、日当たりと窓の位置だったとつくづく思います。
と、いうのも私の部屋は夏になると西日がこれでもかというくらい強烈に降り注ぎ、室内は電気を点けているような明るさに加えて40度に迫る室温になり、
遮熱・遮光カーテンを閉めていないとクーラーもあまり効かず熱中症の危険があります。では冬は暖かくなるかというと、残念ながら今度は家の中で一番極寒の
部屋になってしまうのです。
夏と違って今度は日が当たらなくなり、天気の悪い日などは昼間でも電気を点けていないと作業するのに不便なくらいです。他の部屋には日射しが入り室内も
暖かくなっているのに対して私の部屋は日が当たらないのでとても寒くて、連日の寒波に襲われたときなどは暖房と電気ストーブを併用しないと体が持ちません
でした。
こういうことは実際に生活してみないと分からないことでした。業者さんとの打ち合わせのときに、もっと日当たりのことや窓の位置のことなどを確認しておく
べきでしたが、前の家のときには私の部屋は日当たりに関して特に問題がなかったので気が付けなかったんです。でも、今の部屋になってから冷暖房を頻繁に
使うようになり電気代が以前よりもかかっていることを見ると、生活していく上でとても重要なことだと思いました。
家を建てたりリフォームするにあたっては、想像力を膨らませてあらゆる想定をして徹底的に専門業者さんに確認しておくことが大事ですね。
今年の寒波の時期は本当に寒さが身に沁みました。今度はあっという間に夏の暑さが襲ってきます。何とか自分でできる対策はないか、夏までに考えなければ
と思うとため息が出ます。住まいの窓口

離婚へのスピードを速めました

出会い系で知り合った彼女とお互い全裸な状態で妻と子供に鉢合わせしました。この漫画のようなストーリーが一気に離婚へのスピードを速めました。その場で引っ叩かれました。
現行犯だったために何の言い逃れもできない私は妻の離婚の申し出を素直に受け入れるしかありませんでした。
そして「私が知らない間にそんなことをするような人とは一緒にいられない」と言い残し出て行きました。子供の親権に関してが一番大変でした。妻は弁護士を立て、子供たち2人の親権と慰謝料を言い立ててきました。子供は1人ずつにしたい、と思っていた私も弁護士に依頼しましたが「それ、確実に負けますよ?」と言われたものの子供の親権を巡っての裁判になったものの一瞬で決着が着きました。
裁判の費用、慰謝料、子供の親権、そして養育費など家族と一緒に莫大なお金もなくなってしまいました。
バレないと思って過信をして調子に乗りすぎました。確かに以前の様なドキドキ感はなくなりましたが、心の支えになっていた部分はあるし、「いるのが当たり前」という感情に甘えていたのだと思います。何よりまだ小さい子供たちに本当に申し訳ないことをしたと深く反省しました。
彼女作り方