アクネケアって?

アクネケアの化粧品は、基本的には菌を消毒して殺菌してくれる役割を持っています。しかし、その時にアクネ菌だけではなく、他の菌も殺してしまいます。これは肌にとって必要な菌も殺してしまうことになるんです。その代表的な菌は表皮ブドウ菌になります。

表皮ブドウ球菌とは、肌にいる常在菌のことで、腸で言うとビフィズス菌のような善玉菌のような役割になります。表皮ブドウ球菌は、皮脂や汗をエサとして食べていて、弱酸性の脂肪酸を産生して、皮脂から排出された脂肪酸で肌を保湿してくれるのと同時に、皮膚面を酸性に保ってくれて、ばい菌から肌を守ってくれるんです。表皮ブドウ球菌がないと、肌は乾燥してバリア機能も低下してしまうので、刺激に弱くなって、敏感肌やニキビにも繋がってしまうんです。この表皮ブドウ球菌は肌の表面にいる常在菌ですが、アクネ菌は酸素が大嫌いで皮脂が好きなので毛穴の奥に居座りあmす。そのためアクネ菌を殺菌するには表皮にいる表皮ブドウ球菌も殺菌されてしまうことになります。

アクネケアでニキビ予防