あなたは正しい睡眠の取り方をしていますか?

個人差はありますが、人生の中で「睡眠」は25~35%も占めている
という自覚はありますか?ダイエットをしたり、トレーニングをした
するのと同じように睡眠にも正しい方法で摂ることが大切です。

日本では、成人の10人に1~2人は何らかの睡眠障害で悩んでいると
言われています。人の人生の中で大きな割合を持っている「睡眠」
をおろそかにしていると、うつ病・肥満・糖尿病などに結びついて
しまうと言われています。

では、時間を軸にして良い睡眠とはどのようなものかを検証しまし
しょう

① 1日6~7時間の睡眠がもっとも死亡率が低い
カルフォルニア大学サンディエゴ校と日本の対がん協会が110万人
を対象に6年間睡眠の調査をした結果、1日6~7時間の睡眠が
良いとの結果出ています。

② 午前0時~午前6時の間が睡眠の質が高まる
メラトニンという睡眠を促すホルモンは、夕方から増え始め深夜に
もっとも多く分泌されます。メラトニンは体温を下げて睡眠を誘う
ので午前0時~午前6時の間が睡眠の質を高める時間です。

③ 昼寝は昼食後~午後3時頃の間で30分未満
昼寝は、仕事の能率を上げる効果もありますが、あまり長い時間と
ると夜に眠れなくなるので、30分未満にしましょう。

睡眠のことを詳しくしって、昼間のパフォーマンス向上のために
しっかりとした睡眠を摂りましょう。

http://mentarun.com/