プロバイダを選ぶ基準

私筆者は光回線インターネットとともに申し込む(選択する)プロバイダをどういった基準で選ぶかと言いますと、それはもちろん、「セキュリティ無料キャンペーンを実施しているプロバイダ」‥コレに尽きます(笑)。

プロバイダを選択できる光回線には、フレッツ光、auひかり、ドコモ光、コミュファ光などがあります。その他はほぼプロバイダ一体型の光回線になりますので、選ぶ必要はありませんが、これら4種類いずれかの光回線に申し込む際にはプロバイダをどこにするかを決めて、回線とともにプロバイダも合わせて申し込むことになります。

しかし、そうしたときには皆さんもどこのプロバイダを使うかお悩みになった経験はお有りなのではないでしょうか。基本的にはプロバイダというのは、インターネット接続サービス全般のご利用窓口であり、対象ネット回線への接続を主軸にセキュリティサービスやメールサービスなどの提供がメインになります。

そのうち、基本的にはどこのプロバイダも有料オプションとして提供しているセキュリティサービスにおいて、無料キャンペーンを実施しているプロバイダを選択するのが一番お得だと個人的には考えます。セキュリティはネットの利用において必ず必要なものですからね。

例えばauひかりに申し込む場合にはプロバイダにSo-netを選択するとSo-netの高性能セキュリティ「カスペルスキー」が2年間も無料で付いてきます。ドコモ光の場合には対応プロバイダが多数あり、その中にはセキュリティ無料キャンペーンを実施しているプロバイダもたくさんありますので、その中から選ぶと良いですね。
⇒⇒⇒詳細はこちらです。