男のマメと女の子のマメ

そんな中ぼくが取るポジションはマメな人です。

男のマメと女の子のマメと全く違う事をまずしっかり理解してください。大概の良い人で終わるタイプの男の方はエゴの押し付けなのです。よく観察して彼女達が今何を求めているのかをよく考えてください。
そして、誰より先にその提案を自分で出して行く。その合コンで僕は完全にそのマメ男になっています。

自分がこの人の中で特別なんだと根付けさせることは大きな一歩になります。これから忘年会、新年会などありますが、ぜひこの「さっきしんどそうだったけど大丈夫?」を試して見てください。

ここで肝心なのはその中にフォーカスを合わせた女性がいた場合です。その彼女にはもうひとつ上のマメをぶつけましょう。皆でお店移動をする時なんかは大チャンスです。
「さっきしんどそうだったけど、大丈夫?」この一言で充分です。別にしんどそうでは無くてもいいんです。
女の子はなんと言われるかではなく自分を特別扱いされていることに喜びを得ます。

彼女の作り方