夏は灼熱、冬は極寒の部屋

“家をリフォームするときによく考えるべきだったことは、日当たりと窓の位置だったとつくづく思います。
と、いうのも私の部屋は夏になると西日がこれでもかというくらい強烈に降り注ぎ、室内は電気を点けているような明るさに加えて40度に迫る室温になり、
遮熱・遮光カーテンを閉めていないとクーラーもあまり効かず熱中症の危険があります。では冬は暖かくなるかというと、残念ながら今度は家の中で一番極寒の
部屋になってしまうのです。
夏と違って今度は日が当たらなくなり、天気の悪い日などは昼間でも電気を点けていないと作業するのに不便なくらいです。他の部屋には日射しが入り室内も
暖かくなっているのに対して私の部屋は日が当たらないのでとても寒くて、連日の寒波に襲われたときなどは暖房と電気ストーブを併用しないと体が持ちません
でした。
こういうことは実際に生活してみないと分からないことでした。業者さんとの打ち合わせのときに、もっと日当たりのことや窓の位置のことなどを確認しておく
べきでしたが、前の家のときには私の部屋は日当たりに関して特に問題がなかったので気が付けなかったんです。でも、今の部屋になってから冷暖房を頻繁に
使うようになり電気代が以前よりもかかっていることを見ると、生活していく上でとても重要なことだと思いました。
家を建てたりリフォームするにあたっては、想像力を膨らませてあらゆる想定をして徹底的に専門業者さんに確認しておくことが大事ですね。
今年の寒波の時期は本当に寒さが身に沁みました。今度はあっという間に夏の暑さが襲ってきます。何とか自分でできる対策はないか、夏までに考えなければ
と思うとため息が出ます。住まいの窓口