歯科助士ってどんな役割があるのか

歯科助士ってどんな役割があるのでしょうか。
そして、歯科衛生士とは何が違うでしょうか。

歯科助士は歯科医師の補助を行います。
例えば、唾液の吸引やクリニックの受付などです。
歯科助士になるには、国家資格は必要ありません。
国家資格を有してしないので、患者さんのお口の中を触ることは出来ません。
歯医者さんの募集広告に歯科助士さんを募集というのを目にしたことがあるかもしれません。
基本的に歯医者さんの募集条件に合致すれば歯科助士になることが可能です。

一方で、歯科衛生士は歯科医院の代わりに一部の施術をすることが出来ます。
歯科衛生士になるには、国家資格が必要となります。
短大や専門の学校で必要な知識を身に着けて、国家試験に合格して資格を取得する必要があります。
国家資格を持っているので、患者さんのお口の中を触ることが出来ます。
例えば、歯石の除去、薬を詰める、歯のクリーニング、などの施術をすることが出来ます。

歯科助士は、歯科医師の補助を行い、歯科衛生士は歯科医師の代わりに一部の施術をするといった役割になります。
歯科医院に行った時に、歯科助士さんと歯科衛生士さんがいたら、その違いをみてみると、歯科医院に興味が出てくるかもしれませんね。

白い歯にする歯磨き粉がある