朝から涙涙

ここ最近のNHK朝の連続テレビ小説は毎朝欠かさず見ています。この4月から始まったばかりの「半分、青い」は今週主人公の鈴愛が左耳の聴力を失う内容でした。ムンプス難聴といっておたふくかぜのウイルスが原因で聴力を失いました。耳鳴りがすることを両親に訴え、名古屋の大学病院で精密検査を受け左耳が聞こえていない事、今後一生聴力が戻らないを告げられました。泣き虫なお母さんが泣いてしまうからと、決して家族の前で泣かなかった鈴愛が涙を流したのは友達の律の前でだけでした。友達の律も喘息と戦っていて、お互い病気を抱えながら支え合っている姿がぐっと来ます。鈴愛が耳に違和感を覚え、病院へ行きその結果が分かってからの言動などを見ていて今週は朝から号泣です。子役2人の演技がすごく上手ですが、とても自然で感動させられっぱなしです。いよいよ大きく成長した永野芽郁さんと佐藤健さんが登場するということで今後どうなっていくのかますます楽しみです。

エンディングノートはどこに売ってるの?