虫歯とホワイトニング

虫歯がある人であってもホワイトニングをすることは可能です。
医院から、歯の治療が完了してからでないと、ホワイトニングすることが出来ないと言われることがあるようです。
しかし、実際はそのようなことはありません。
虫歯治療とホワイトニングの時機は医院ごとに考え方が違うようです。
虫歯治療とホワイトニングを並行して行う場合が多いようですが、
前歯の詰め物や差し歯の治療をすると考えている場合は、治療よりもホワイトニングを優先する場合もあります。
これは、ホワイトニング後の歯の白さに合わせて詰め物や被せ物を作ったほうがより美しくなるという理由からです。
しかし、ホワイトニングをしたいと考えていても、痛みや腫れと伴う虫歯がある場合は虫歯治療を優先して、症状が落ち着いてからホワイトニングを行います。

また、煙草を吸う方がホワイトニングを受けることは決して少ないことではありません。
特に若い男性は、喫煙しているのでホワイトニングで白くしたい方が多いようです。
喫煙していてもホワイトニングすることは可能ですが、早く後戻りをしたり、着色が起こりやすくなります。
これらのことを考慮して、メンテナンス方法や時期を考えなければなりません。
喫煙する人は、喫煙しない方より後戻りのタイミングが早くなります。
ホワイトニングの後は禁煙が求められたり、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの併用で効果の持続をさせる工夫が必要になります。
また、煙草のヤニが歯の表面に付着すると、ホワイトニング薬剤の浸透がしにくくなり効果が薄くなってしまいます。
煙草を吸う方は、ホワイトニングの前に歯医者でクリーニングをしてもらう事を勧めます。

ホワイトニング歯磨き粉のランキングをチェックしたいならコチラ