不眠症のタイプと主な原因とは?

日本人の5人に1人が、不眠症の症状で悩んでいると言われています。
その発症は、20~30代に始まり、年を重ねるごとに増加しています。
そのタイプを分けると以下の4つに大別されます。

1.入眠障害
・夜寝つきが悪い
・床についてもなかなか(30分~1時間)眠れない
2.中途覚醒
・眠りが維持できない
・いったん眠りについても、翌朝起床するまでに何度も目覚める
3.早朝覚醒
・早く目が覚めてしまう
・希望する時刻よりも2時間以上前に目が覚めてその後眠れない
4.熟睡障害
・眠りが浅く、睡眠時間の割りに熟睡した感じが得られない。

いずれの症状も年齢とともにその割合は増加しています。
また、同時に症状が表れることもあります。

不眠症を引き起こす主な原因とは?

1.環境要因
・時差や枕が替わるなど
2.身体要因
・年齢、性別、頻尿、痛みなど
3.心の要因
・悩みやイライラ、極度の緊張からの精神的ストレス
4.生活習慣要因
・アルコール、ニコチン、カフェイン摂取、薬の副作用、運動不足など

まずは、不眠症と疑われる場合に、どのタイプに当てはまるのかを
チェックするところから始めましょう。

http://www.buzzwebster.com/