自宅でする脱毛器と恋肌の脱毛サロンどっちがおすすめ?

ニードル脱毛を行うと、毛根の中に細いニードルを直接差し込み、電流を流すために、施術の直後には赤みのある跡が残る事も少なくありません。
でも、施術の後に脱毛箇所をしっかりと冷やすと翌日にはすっかり跡が消えている場合が多いので心配ありません。

脱毛について考えた場合、脱毛器と恋肌などの脱毛サロン、どちらにするか、迷う人もいると思います。どちらにも良い部分と悪い部分があるので、一口にどちらがいいとは言えません。

それぞれの良い部分と悪い部分を理解して、どちらが自分にぴったりなのかを考察してください。仕上がりの良さを一番に考えるなら、脱毛サロンに行ったほうがいいです。
いまどき主流の脱毛方法というと、脱毛クリニックでしか行えないレーザー脱毛のほか、普通の脱毛サロンで行われている光脱毛です。

施術時の刺激の少なさや安全面でいうと、サロンの光脱毛の方がソフトというのはたしかです。

ただ、光脱毛ではレーザーより低い出力の光を使うため、回数を増やさないといまいち効果が実感できないかもしれません。

短期間にできるという点ではレーザー脱毛の方が優秀で根強いファンもいますが、なにぶんパワーが強いため、生理周期や紫外線で肌が敏感な時期などには向かない方法だと言えるでしょう。

恋肌(ラヴォーグ)の店舗数は100店をこえており、むだ毛の脱毛に加え、フェイシャルとかボディトリートメントがあるのが魅力です。
恋肌 口コミ

予約方法には、便利なオンライン予約もあり、いつでもどこからでも予約できますし、よく心配されるような勧誘がないためリラックスして施術が受けられますよ。痛みはほぼなく、短時間の施術の上になんといっても美肌効果もあり、脱毛後の肌に満足できるでしょう。

脱毛サロンでは光脱毛の際、冷感ジェルを施術する箇所に塗り、施術に移行します。施術環境などで違いはあるかもしれませんが、背中などの面積の広いところに冷感ジェルを塗られ、寒さを感じる人が多いようです。

部分的な冷たさが全体的に寒さへと変わったら、施術が終わるまで我慢しないでスタッフにそう告げてください。あまり冷たくないジェルを使用したり、そもそも冷却ジェルを使ってないサロンも増加傾向にあり、寒さを感じる場面が少なくなってきているようです。非常に残念なことですが、脱毛サロンで脱毛の施術をしてもらった人の中には軽い火傷をしたようになってしまう人がいます。

ほとんどの場合は患部を冷やすと症状は治まりますが、かなりひどい火傷を負ったかと思われる場合は脱毛してもらったサロンの担当者に症状を詳しく話した上で、勧められた病院へ行き、診察してもらってください。

火傷の治療をせずにいると、傷跡が消えない場合もありますので、病院の外来診察で医師が判断した通りに、必要な治療を受けてください。

脱毛をしたサロンがあなたが病院、薬局などで支払った金額を領収書に基づいて全額負担してくれるでしょう。