自転車保険って必要なのか

自転車保険って必要なのでしょうか。
都道府県によっては自転車保険に加入しなくてはいけない所もあります。

自転車保険の加入を義務化したり奨励する都道府県が増えていますので、自転車保険は必要になります。

自動車に乗る時は基本的に保険に加入すると思います。
自転車も車です。
それなりのスピードは出ますので、万が一のことを考えておいたほうがよいのではないでしょうか。
また、自転車は自動車と比べると乗っている人が交通ルールをきっちりと守っていないことが多々あります。
右側通行をしている、スマホやヘッドホンをしている、信号無視などよく見かけるのではないでしょうか。

自転車保険って大きく分けると2つの補償があります。
まず1つは、ご自身に対する保障です。
自転車の乗っていて、ケガをしたり、最悪死亡したりした時の保障です。
もう1つは、相手に対する保障です。
自転車も車ですから、事故を起こした場合、相手側に賠償責任が生じることがあります。
賠償金額は数千万円になることもありますので、保険で補償してくれていると心強いのではないでしょうか。

自転車保険に加入するのを義務化したり奨励する都道府県は増えています。
自転車保険に遅からず加入する必要が出てくるのではないでしょうか。
保険に加入していると、自転車に乗る時に交通ルールを守ろうという気持ちが以前より高くなるかもしれません。

安心と安全に対する気持ちを常日頃から持てるというもの、自転車保険に加入する利点となってくるのかもしれせん。

火災保険の見積もりを取り寄せる