コラーゲンとコンドロイチンで関節ケア

加齢とともに気になり始めるのが関節。特に外傷や病気になったわけではないのに、ピキーンとした鈍い感触を覚えます。膝関節だと洋式便所に座ったり立ったりするだけで痛みを感じるのでかなり辛いです。

骨は軟骨に覆われていてクッションの役割を果たしています。だから関節は痛みを感じることなくスムーズに動かせます。ですが、加齢とともに軟骨は摩耗し、やがて骨同士がこすり合うようになり、痛みや炎症を起こすようになります。

関節痛の中で有名なのは変形性関節症。炎症を繰り返すうちに関節が変形してしまう症状で、筋肉量が少ない女性の方がなりやすいです。また、体重が重い人ほど負担がかかるので要注意です。

関節の負荷を減らすには筋肉の増量が必要ですが、すでに痛みを感じている場合に無理な運動をするとかえって悪化させることがあります。体重が重い人は体重を減らすことから始めましょう。関節に負担がかからない運動で有名なのは水中歩行です。運動不足で筋力の低下が気になる方はジョギングではなく水中歩行や水泳から始めてみてはいかがでしょうか。

軟骨はコラーゲンやコンドロイチンからできています。加齢とともに体内での合成量が減っていくので、食品から積極的に補給したいものです。もし毎日の食事で十分な量を補給できそうにないなら、サプリメントや健康食品で手軽に補給することもできます。いずれも軟骨の合成の活性化に役立ちます。

市販では様々な商品が売られていますが、いろいろな成分が配合されているものより、まずは単体で十分な量を摂取できるものから選んでみて下さい。また、品質は重要なので、信頼性が高いメーカーのものを選ぶことも大切です。

コラーゲンだとニッピコラーゲンが有名です。特に女性は美容面でも効果的なコラーゲンとなるので、女性で関節に悩む方に特におすすめです。今半額で買えるそうですよ。

ニッピコラーゲン 半額